--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.20 17:10|変形性脊椎症
11月に変形性脊椎症と診断されたべべですが、レントゲンを撮った時にはもう、
飛び出た骨の一部は折れてました(うっすらと見えます、矢印の少し左側に亀裂が入ってます)
それがいつからだったのかはもうわかりません。
折れた時、とても痛かったと思うよと、ハットリ先生は言いました。
『痛がってる』その仕草を見抜いたのもハットリ先生でした。

変形性脊椎症
※またもやこっそり画像を借りてますよww


『痛がる仕草』
恥ずかしながら私、べべの『痛みのサイン』には全く気付きませんでした。
『痛い』というのは、例えば脚を引きずりだしたり、からだを触ると嫌がったりキャン!と鳴いたり、
明らかに目に見えるものであれば『どこか痛いのでは?』と気付きます。

思えばべべは去年夏ごろから、体を斜めりながら丸くして、呼吸が荒く苦しそうにしてる時がありました。
今思えばそれが、『痛みのサイン』だったのかもしれません。
2回目のハットリ病院でべべを総点検した時、ハットリ先生が『痛がってる』と言ったのが、
同じような仕草だったからです。
私はそれを、心臓から来る発作と思い、『痛みを表す』ということに結びつきませんでした。

去年の夏、その姿を動画に撮り、以前通ってた病院の先生に『これは発作ですか?』と見せたのですが
そこの先生は、動画からは発作にも見えないし、呼吸障害でもなさそうだ、という診断でした。
もしかしたら獣医に、『どこか痛いのではないでしょうか?』と聞いていれば、
また違った診断になったのかな、なんて思います。

その時のことを記事にしたのが こちらです(動画あり) →  

推測ですが、この時も痛みがあったんだと思います。
この動画の状態より、体がもっと斜めに、そしてからだを丸める感じがこのあと何度か続きました。
斜めになるのはこんな感じね 

痛いとき

・・・よりによってこんな写真しかなくってねっ!!!(笑)


気温と湿度のある季節だと、特に見わけがつかないと思います。
そしてべべの場合、もう声が出ません。痛くても鳴けない可能性もあります。

愛犬や愛猫、共に暮らす動物たちの声なき訴えを見落とすと、時に命取りにさえなります。
特にシニアは、一度こじらせると立て直すことが出来なくなることも。
動物の不調を獣医に伝える、それをもとに獣医が調べる。
本来なら獣医が、患獣の様子から判断できるはずですが、経験の浅い獣医だと、
あらゆる方面から診断できない可能性もあります。
飼い主は、色んな可能性を考えて、疑問や質問をたくさん獣医にぶつけることも大切だと思いました。


さて、ブログをサボってましてごめんなさい。
ご訪問頂いた皆さまには『まさか・・・』とご心配を頂いたかもしれませんが(笑)
べべは相変わらず良く食べ、よく眠り、よく出し、元気にしています(*^_^*)
19日の病院では、体重が24.7キロと、少し増えました、ヤッホー♪



fc2blog_20130120165144f1a.jpg

fc2blog_201301201652003bc.jpg






こんな風にゆるゆると、べべとの日常が送れる幸せな時間。
どこにも逃げて行かないように、時間を両手のひらの中にぎゅっと閉じ込めておきたい。





今日もどんぶり一杯食べたわ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



ブログにご訪問くださり、本当にありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル:ペット

2012.11.06 19:30|変形性脊椎症
更新が滞りました、ごめんなさい。
今後、ちょっと更新が遅くなったり、コメントのお返事が遅くなったりするかもしれません。
べべの日々を気にかけてくださっている方には、本当に申し訳ありませんが、
何らかの形で、『べべ、元気ですよーっ』て伝えられるように頑張りますので
今後ともよろしくお願い致します。




fc2blog_20121106141435845.jpg
キャーキャー!相変わらずの可愛さで、ほんとスンマセン!!!!




例の病院で、先生が仰るには、べべはどうも腰のあたりが痛いのではないかということで、
10/27に背中から腰にかけてのレントゲンを撮りました。
診断結果は、『変形性脊椎症』でした。
どうして他の病院では気づいてやれなかったのかと、先生は首をかしげてました・・・

これまで、時々きつそうに体をよじらせていたのは、もしかしたら、痛みを感じての
ことだったのかもしれません(TへT)

fc2blog_20121106141500641.jpg



膀胱炎の方は、エコーで確認すると、荒れていた膀胱の壁の厚みも薄くなり、かなりいい状態に
なっていました。
細菌は膀胱内の他に、壁の中にも存在し、その細菌もやっつけてしまわないとまたすぐに
膀胱炎になるらしいです。
今年の初めから、抗生剤で治しては再発していたのは、それが原因だったのかも。。。

そして…このふたつの病気に対して処方されているお薬は
抗生剤:バフロキサール
消炎剤:プレドニゾロンステロイドです・・・・ゲ。(-_-;)

過去にステロイド(塗布)でひどい目にあった私・・・
もちろん先生とバトル覚悟で話し合いました。


 私 『非ステロイドの消炎剤を使いたいです』

せんせ『飼い主さんがどうしてもと言うなら意向に沿うけど…
    ボルタレン等の消炎剤は胃が荒れて食欲が落ちて、苦しいよ。
    だから胃を保護するH2ブロッカーが必要になるよ。』


 私 『薬がこれ以上増えるのは絶対に嫌。胃が荒れない痛み止めは無いの?』

せんせ『あるよ。でも効かんったい。
    あのねぇ、どんな薬も副作用はついてくる。
    副作用のない薬があるなら、それは水たい!!!
    非ステで一度やってみてもいいけど、この子はまた痛がるよ。どうするね?』


 私 『う・・・それなら、ステロイドの投薬の量を減らすことは?』

せんせ『うーん、現状ではまだ進めんけど、他の薬にするよりそっちの方がまだよかろうや。
    だいたいね、ステロイドが危険危険ていうけどね、下手な医者が使うと危険ったい!
    ステロイドが危ないっていう医者はね、自分が薬をコントロールできんだけ。
    私が処方するんやから、大丈夫!』



先生・・・相変わらずでっかい声で、自信たっぷり言うね(-_-;)
忍者ハットリ君みたいな顔なのに。


ハットリ君は、べべのこの先の犬生を、体をラクにして穏やかに過ごしてもらうためには
痛みを取り除いてあげることが大事だと。
多少の副作用を恐れるより、薬でうまくコントロールしながら、痛みから解放されて過ごした方が、
べべにとってもいい事だと思いませんか?と仰いました。

fc2blog_201211061416439e4.jpg



老犬に優しい治療をと臨んだ鍼やホメオパシー剤は、確かにべべを苦しませただけでした。
年頭からずっと繰り返してきた膀胱炎、一時的に治っては、また再発。
老犬に膀胱炎はつきものというけれど、私も経験のある膀胱炎のあの痛みと不快感を、
べべが何度も繰り返してることが不憫でした。

確かに、今の治療が始まって、べべのトイレの回数は減り、尿漏れも減りました。
(これまでの抗生剤のみの投与では、こうならなかった)
これは膀胱の状態が良くなってきたからでしょう。
膀胱が、尿意に耐えられるようになってきたのです。
朝、お尻の下に敷いてるおしっこシートがきれいな状態が続いています。
べべも、漏れないから気持ちよく眠れているようです。

脊椎症の痛みは、目に見えた効果はわかりませんが、アンヨが少しだけ
長くできています。

こういう現実を目の当たりにすると、ステロイドの治療は、頭から否定もできず、
薬が体に合っていれば、老犬だからこそ、必要な薬かもしれない。
と思うようになりました。
ただ、肝臓その他に影響のある薬なので、今後も慎重に慎重に付き合わないといけません。

fc2blog_20121106142017580.jpg



友人にも胸の内を聞いてもらいました。例のおっさん(※注:オンナです)です。
私の迷いにいつも、ナタを振りおろしてバサっと解決してくれます。
『べべがまだ若ければ考えるけど、今の年齢ならこれでいいのでは?
 べべが痛くて苦しい思いをした上で、べべネェ(私のこと)と過ごす日が1日多くなることより、
 仮に薬の影響があり一緒に過ごす日が1日少なくなっても、痛みもなく穏やかに過ごすことが
 べべにとっても幸せなことだと思う』
そんな風に言ってくれました。


ステロイドの怖さは自分が良くわかってます。
ただそれは、誤った使い方を指導された上で起こった事故でした。
この薬を受け入れることに未だ抵抗があり、投与する不安と葛藤が消えたわけではありませんが、
トータルで考えた末、今はハットリ君を信じて行こうと思います。
結局ね、私はこのハットリ君が好きなんです。
私の、どんな些細な質問にも、きちんと納得するまで説明してくれる。
何より、べべに対しての態度が、時々べべを尊敬しているようにも見えるんです。
そして、べべのいのちに対して、責任を持ってくれている。


がんばろう。うん・・・がんばろう。

fc2blog_201211061426077dd.jpg



また長くなっちゃった。
駄文を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


おかあしゃん、あたちの体のコト、しっかり頼んだわよ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


拍手・コメント・応援、いつも本当にありがとうございます!!!

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル:ペット

01 | 2017/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ももちぇりのプロフィール

ももちぇり

Author:ももちぇり
生後1週間のべべに出会い、2か月
たって我が家に迎え入れました。
あれから月日は流れ、すっかり
おばあちゃんになったべべ。
今も私の心を癒し続けてくれています。
この先いつまでもず~っとず~っと
一緒に居たいよ。

ブログは苦手で、敬遠していたけど、
べべの思い出がもっと色濃く残るよう、
ここにべべへの想いを綴ることに
しました。

べべはいくつになったの?

レトリーバーのお洋服ならココ!

uSSedbRL0HoMf3d_1351573577_mj.jpg Dc1mIVPfcNShGuA_1351078180.gif

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りブログ☆

助けたい命があります

HappyLabsさんHP Re StartさんHP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

遊びに来てくださってありがとう

こんにちは、ようこそ!

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。