--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.28 07:00|bebe
コメントのお返事も遅々として進まず、ごめんなさい。
ゆっくりですがお返事を進めて行きます。


bebeのお世話はないのに、なぜか慌ただしく過ごしてるといつの間にかクリスマスも終わってました。

bebeが居なくなって、早いもので初七日も過ぎました。
未だにbebeを可愛がってくださる方から、お花やご供物が届き、ただ、ただ感謝の気持ちでいっぱいです。
部屋の半分がお花?!ってくらいに、美しい花が溢れていて、とっても癒されます。
すぐに散らないように、夜もエアコンは控えて、ストーブの火も小さくして
部屋でダウンを着て(笑) お花をbebeと思い愛でています(*^_^*)


   


◆お花・ご供物、本当にありがとうございます◆※順不同です、ごめんなさい

にゃうわんさん
ラフィ&あみままさん
犬コワコワッ子さん
ラブドルさん
ちょ子ママさん
ななママさん
kin'sさん
ルナママさん




主人公が居なくなったこのブログは、もうあと数回で終わる予定です。
今日は、bebeを看とった時のことを記させてくださいね。



20日の夜、2度、あの世へ逝きかけたbebe。
1度目はせめて上体でも抱っこしていようと、上体を立てた時でした。
急に舌が真っ白になり、首をのけ反らしたので、慌てて鼻から息を吹き込みました
しばらくすると落ち着きました。

2度目。
のどが渇いただろうと、お口にシューっとりんごジュースをスプレーした時
舌が動いたので『もしかしたら飲んでくれるかも・・』と、上体を抱き起こした時でした。
また逝きかけました。

要は、抱きかかえると血流が頭に昇らなくなるような感じで、そのまま逝ってしまいそうになるのです。
頭を上にする抱き方が良くないんだ、とやっとこの時気付きました。


          


          

 

bebeと母と3人で、最後の会話をしたのは20日午後9時20分頃。

bebeは呼吸もやっとの中、ワウワウと、一生懸命話をしてくれました。
傍から見れば、苦しい中鳴いてるように見えたかもしれませんが、私がbebeに
『これまで楽しかったよ、ありがとうね、まだまだお世話したいバイ。。
bebeは小さな頃からお利口さんでなーんも手がかからんかったよ、bebeはいいコだよ、だーい好き・・』
こんな風に話しかけると時々、ワウ!とか、ワウワウワウ!と応えてくれました。
bebeの澄んだ瞳はまっすぐ、私を見ていましたから・・


母は、bebeがありがとうって言ってると言って、泣きました。
私は、ありがとうを言うのは私の方だよと言って、泣きました。



              




その後bebeはまた眠ってしまいました。
私はbebeの顔に私の顔を寄せ、bebeが下にしてる方の頬に手を差し入れ、憧れの『添い寝』をし、
そのままウトウト、一緒に眠ってしまいました。(bebeは添い寝を嫌がるコでしたので、最後のサービスです)
母は、bebeの脚をずっとさすってくれていました。
母が言うには、私との添い寝の間、bebeはとても穏やかで静かで、規則正しい呼吸をしていたそうです。

母が、bebeの脚が軽くピーンと伸びたので呼吸を確認しようとした時、私も目が覚めました。
その瞬間、呼吸が変わり、スーーっと言ったかと思うと数秒呼吸が止まりました。
名前を呼ぶと、フーーーっとなって、またしばらく呼吸が止まります。
べべ!!べべ!!!っと呼ぶと同じようにスーー・・・・・フーー・・・を数回繰り返し、
そのまま呼吸が止まりました。
私はずっとbebeの頬を両手で挟み、真正面からbebeを見つめていました。
そして、最後の呼吸から天使になる瞬間を見届けました。

苦しくて叫んだり、大きく口を開けたりすることのない、とても美しい最期でした。


              



12月4日に夏以来の痙攣を起こし、9日、10日と連日の痙攣、この時もうからだはとっくに
限界を超えていたのだと思います。


それなのに、私がひとつの目標にしていた、14日の16祭8カ月目記念をしっかり祝わせてくれました。
キリッとしたお顔で、誇らしげにさえ見えました。
それからたった1週間後・・今までゆっくりだったのに急に駆け足になり、サヨナラをしたbebe。

私がゆっくりお別れが出来るように、3連休の初日に旅立ちを決めてくれたbebe。

葬儀の当日ぎりぎりまで、bebeの亡骸との別れを悩み、結論が出せないまま火葬場に到着しました。
前日の悪天候が嘘のように晴れ渡った青空で、空に向かって駆けて行くbebeを見送ってると
今日で良かったんだ、と心から思えました。
翌日以降はまたどんよりとした天気でした。


本当に何もかもが、bebeの思い通りでした。
そして亡くなってからも私は、bebeに支え続けてもらっています。


     



共に暮らす動物たちは、人間が考える以上に、主さんの事を思ってくれています。
尽くせば尽くすほど、その何倍もの愛を返してくれます。
その命の長さに関係なく、最期を看取ってあげられることは、お互いが幸せなことだのだと思いました。


bebeちゃん。あなたのような素晴らしい犬と共に暮らせた事は、私の誇りです。
bebeちゃん。これからもずっと、あなたを一番に愛し続けるよ。




虹の橋組8日目、快適でござる。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



たくさんの応援、本当にありがとうございました(*^_^*)


スポンサーサイト

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル:ペット

11 | 2013/12 | 01
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ももちぇりのプロフィール

ももちぇり

Author:ももちぇり
生後1週間のべべに出会い、2か月
たって我が家に迎え入れました。
あれから月日は流れ、すっかり
おばあちゃんになったべべ。
今も私の心を癒し続けてくれています。
この先いつまでもず~っとず~っと
一緒に居たいよ。

ブログは苦手で、敬遠していたけど、
べべの思い出がもっと色濃く残るよう、
ここにべべへの想いを綴ることに
しました。

べべはいくつになったの?

レトリーバーのお洋服ならココ!

uSSedbRL0HoMf3d_1351573577_mj.jpg Dc1mIVPfcNShGuA_1351078180.gif

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りブログ☆

助けたい命があります

HappyLabsさんHP Re StartさんHP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

遊びに来てくださってありがとう

こんにちは、ようこそ!

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。