スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扁平上皮癌の進行

2013.09.20 22:17|
bebeに癌らしきおできが出来ているのを発見したのは2013年2月。
その、口内炎のようなデキモノが、なかなか治らない事に不安を覚えていました。

その時病院はちょうど、ハットリ先生の入院で大変なことになっていて、
一時的にハットリ先生の代わりをしていた新米先生の診断は、様子を見ましょう、でした。
別の病院で細胞診をして、癌の細胞が出たのが4月の終わり。

私はこのブログで、bebeの癌についてはあまり触れないようにしてきました。
それについて書くことは、癌を認めてしまうようでなんとなく嫌だったからです。
でも、ゆっくりでも進行していく患部を毎日見ていると、それも認めざるを得ず、
粘膜がむき出しになってボコボコした患部は、口を閉じていても顔を覗かせるまで
大きくなってきています。

癌なんだなぁ
悲しいけど、形状からも、疑うことの無い立派な癌です。

ちょっとでも触れると嫌がります。痛いのでしょう。
ご飯は、患部に刺激を受けないよう、シリコンスプーンで掬って食べさせてます。
水分は自分で飲みます。
滲みないのかなぁ・・
飲食後はやっぱり、患部には食べかすその他で汚れるので、スプレーで洗浄します。
これはあまり嫌がりません。

10歳以上の犬のほぼ半数の死亡原因が、癌だそうです。
癌にも色々ありますが、bebeの癌は『扁平上皮癌』と言います。
この癌について、ある病院のサイトにはこう書いてあります。

『皮膚や粘膜をつくる扁平上皮の悪性増殖で,太陽光線による障害,
あるいは慢性の炎症などが腫瘍化の引き金になると考えられている。
老犬に多く,犬の好発部位は肢端,陰嚢,鼻,肢,肛門である。
このような部位で,盛り上がるような増殖性の病変またはびらん性病変が作られる。
局所での浸潤性は強いため,広範な切除が必要となる.たとえば下顎にできた場合など,
下顎骨をとってしまう必要がある。
爪床から発生したものを除き,肺などへの遠方転移は比較的少ないので,局所を早期に大きく切り取ることが
重要である』


『遠隔転移は少ないものの局所浸潤性が強く骨を破壊するので疼痛が激しく、
 抗癌剤や放射線治療にもほとんど反応しません』


完治させるには、患部を含む周辺、要は下あごを大きく切り取ること以外ありませんでした。
発見時のbebeは16歳と高齢ゆえ、早期に発見してもオペをすることは不可能でしたし、
それを望むこともしませんでした。

でもね、もし、若いわんちゃんにこの癌が出来た場合、諦めなくてもオペで命を永らえる事が
出来るわけです。
(オペを望む・望まないは主さまの判断になり、主さまが我がコを思い選ぶ道はすべて正しいと思います)


癌と言えば、固く盛り上がった腫瘍タイプと思いがちですが、べべに出来た癌はびらん性のタイプです。
まるででっかい口内炎のようで、唇を浸潤していってます。
最初の頃は、潰瘍イコール癌になかなか結び付きませんでした。
初期にどういったものが出来て、どう変化していったかを観て頂く事で、あなた様の大切な愛犬の健康管理に
役立つのではないかと思い、初期の段階からの移り変わりをまとめました。
参考になれば幸いです。
患部のアップなので気持ち悪いかもしれません、苦手な方はご遠慮くださいね(*^_^*)



 唇の変化①
※医学的な確認はしていませんが、急に色素が抜けたのも、癌となにか関係があるのかもしれませんね。


 ■2013/1/4■
 



           ■2013/3/11■
           fc2blog_201309201412599ce.jpg



              ■2013/4/3■
              fc2blog_201309202030281a8.jpg



 ■2013/4/16■
 fc2blog_20130920141316e64.jpg


 
■2013/5/1■
20130501おくち



■2013/6/8■
20130608おくち


■2013/7/1■
20130701おくち



■2013/8/13■
20130813おくち



■2013/8/26■
20130826おくち



■2013/9/17■





こんな感じです。最近は患部の幅も縦横に広がってきました。患部の下あごの部分を触ると固いです。
他の部位に発症した場合や、またタイプが違う場合もあるかもしれませんが、ちょっとでも異変を発見したら
早めに検査を受けてくださいね。




こんな癌にかかってることなんて、知る由もないbebeです。
最近はしっかりご飯を食べてくれて、本当に嬉しい限りです。
もうこうなったら、美味しいものしか食べさせませんから(笑)


           fc2blog_2013092015585834f.jpg



癌と知って最初に願ったこと・・・優しい癌でありますように、と。
その願いが届いているのか、患部が自壊して、出血することが多いと聞いていますが
血も汁も出ず、匂いもありません。
いのちは半年持つのかと不安でしたが、bebeは秋を迎えることが出来ました。
食欲不振を乗り越え、食べなかった7月がウソのように、今は食べてくれるようになりました。
優しい癌に、痛いのは全部おかしゃんとこにおいでと言ったら、アタシの口の中に
口内炎が2個できました(笑)
とても聞き分けのいい癌でもあるようです(*^_^*)


特別な治療は何にもしていません。週一のレーザー照射くらいです(消炎効果)
癌に関するサプリは、全部やめました。
病院の薬はステロイド1日1錠(5mg)と、肝臓の薬ウルソ。
終末医療として、漢方薬を2種類飲ませています。
激しい痛みが襲う時になったら、NSAID(非ステロイド消炎物質)の投与になるでしょう。


でも、今。
bebeと私の毎日は、十五夜お月さまのようにまぁるく穏やかで、まるで癌なんて無縁の出来ごとのように、
なんとも幸せに過ぎてゆきます。
ありがたいことです(*^_^*)






もっと美味しいもん食べたい(うん、頑張って働くけんねbyおかしゃん)
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





いつもbebeを応援してくださり、本当にありがとうございます(*^_^*)


 
スポンサーサイト

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル:ペット

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

べべちゃんへ

あなたのおかしゃんは愛に溢れた素敵なおかしゃんです。
べべちゃんへの愛はもちろんのこと、他のワンコさんたち
のために、ずっと認めたくなかったこの病について今日
お話をしてくれました。
べべちゃんはおかしゃんの子で幸せだね。
私もおかしゃんとお知り合いになれて幸せです。
おかしゃんがいるから、なーんにも心配いらないよ。

ももちぇりさん、この記事を読んで勇気をもらう方が
きっとたくさんいますね。
病院へ行ってみようと思う人がいるかもしれない。
手術を決断する人がいるかもしれない。
そして手術をしなくても、べべちゃんのように穏やかに
過ごせるんだ、と光が見えたシニア犬の主さんがいるかも
しれない。
これまでの経過をさかのぼって記事にすることは辛い作業
だったと思います。
前から「いつか書きたい」って言ってたもんね。

べべちゃんとももちぇりさんが、これからもずーっと
穏やかに過ごせるように心から応援しています。

これからもよろしくね!

お心に感謝します。

ももちぇりさんありがとうございます。
ご自身が認めたく無かった事を公開して下さって
感謝します。
とても辛いことだったと思います。

うちの仔のお口は歯茎にも黒い部分が多く見分け辛いです。
気にしてあちこち触りますが
お医者様からは変な刺激になるから
余り触ったりしないようにと言われています。

こんな風に見つける事があるととても参考になりました。

私もべべさんとももちぇりさんがこれからもずーっと穏やかに過ごせるようにと心から応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。貴重な写真をありがとうございました。
近所の12歳ゴルさんは、陰嚢に大きな貝柱の様な扁平上皮癌が出来、
最近手術しました。
抗がん剤と、サリドマイドを投与中です。
サリドマイドは新生血管の成長を阻害するそうです。
16歳のミックスちゃんは3年前に胸の真ん中に。。。
飼い主さんは手術しないで正解だったとおっしゃいました。
今も散歩で会いますが、軽々と元気に歩いていますよ。
色々なケースがありますね。
bebeさんのは
口の中ではなく、口の端っこだったのはせめてもの救いと言ってもいいのでしょうか。
美味しいものが、食べられますからね。

ももちぇりさん、あまり使命感に燃えないでください。
ご自分の時間、1分でも多くとってくださいね(笑

>激しい痛みが襲う時になったら、NSAID(非ステロイド消炎物質)の投与  に なるでしょう。
 ★友人のラブちゃんはプレビコックス(NSAID)を服用していました。

No title

そうか、がん細胞ってやつは、こーゆーふーに増殖して患部を犯してゆくんだね。ももちぇりさんの日ごろの体調管理が行き届いているので、ここまでの進行で抑えられているのではないですか?選択が今の結果です。大変参考になりました。私も頑張ります。おいしいものいっぱい食べさせてあげたいけど、、、、、

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ももちぇりさん、こんにちは~♪
気持ちも落ち込む病気なのに良くぞ写真を載せて下さいました。
ベベちゃんのガン、その後どんなかなあと動画を見ながら思ったりしてました。
少しづつは進んでいるんですね。

食べ物に寄っては滲みたりもするのかしらね・・・
ただ、ベベちゃんが気にしないで美味しい物食べてくれたら、
それだけが願いですね。
これからは食欲の秋、今まで以上に食べて、太って
ガンなんかに負けないでよ。

♫鍵コメ Lさんへ♫

Lさん、いつもありがとうございます♪

いつか載せなきゃと思いながら、なかなか決心がつかず、
今頃になりました。
またこれから患部は変化していくのでしょうが、Lさんの仰る通り
何もかも受け入れていくbebeに、ついていくのがやっとな私です。
犬ってほんと、凄いですね。

Aちゃんの闘病の時のLさんの姿には程遠い私ですが、
あれもしたかった、これもしたかったと、あとで後悔する事が少なくて済むように
全力で守りたいと思っています。

やっと秋になったのに、福岡暑いです(><)
11月、楽しみにしてます(*^_^*)

♫チロ母さんへ♫

チロ母さん、いつもコメントありがとうございます♪

素敵なんてとんでもねーす、ヘタレなだけです。。
そうそう、前にチラッと漏らしましたよね・・・
なんかもう、認めざるを得ない感じになって参りました(-_-;)
こんな小さなデキモノが、あれほどまでになるんですよ・・・
しかも毎日形が変わるの。。。
でも、癌もbebeの一部なんだものね。
色んな選択肢があるだろうけど、犬にとっての一番を考えてみると
方向性が定まりやすいかもしれません。

患部の変化もそうだけど、たった半年ほど前のbebeが若いのに
衝撃を受けたりもした・・・
犬の時間って、早すぎると思わない?(;;)

チロちゃんも、ゆーっくりゆーっくりでいいんだからね!

♫keiさんへ♫

keiさんいつもありがとうございます(*^_^*)

いえいえとんでもないです。
これが参考になるなら大変嬉しく思います。

歯茎が黒いとほんと、わかりづらいですよね。。
メラノーマも扁平上皮癌も、爪の先に出来るものは特に悪いといいますから
つま先から頭のてっぺんまで、時々チェックしてあげたらいいですね。
口内も、舌の下とか見逃しやすいですからね。

bebeの場所に出来るのは、ひょっとしたら珍しいかも。。
画像検索しても、この場所に出来てるコの画像は全然ヒットしませんでしたから。

もも姉さん、いつまでもいつまでも元気でいてねと心から願っています(*^_^*)

♫鍵コメ Rさんへ♫

Rママさん、大変な悲しみの中、わざわざありがとうございます。

Rちゃんの居た場所が、やけに広く感じておられるのではないでしょうか。。
本当にこのコ達の存在の大きさときたら…
元気な頃は、居て当たり前のような存在でしたが
あまりにも早く駆け抜けるわんこの時間に、もっと早く気付くべきだったと。
そんなこともわからなかった、私は本当にダメなおっかさんなんです。

癌は容赦なく老体を蝕んでいますが、まだ元気に食べてくれる姿に
もう少し一緒にいてくれるのかなと期待してしまっています。
でも、そろそろ痛みも大きくなってきていて、やはりステロイドは断って
痛み止めにもどすべきか、凄く揺れています。そうすればまた、食欲が落ちるかもしれないので。

Rちゃんは大きな病気はなかったんですよね?
最後までよく食べていましたものね、本当に親孝行なRちゃんです。

♫ラフィ&あみままさんへ♫

ラフィ&あみままさん、いつもコメントありがとうございます♪

色んな情報ありがとうございます^^
この癌もいろんな場所にできるようです。
最初、唇に出来る癌を調べていて、なかなかヒットせず、口内にできたものに
似たような患部をみて、これだと確信し、悲しくも正解だったのです。
bebeのような場所に出来るパターンはもしかしたら珍しいのかもしれません。
そうなんです、これが口内だったら。。もう食べれていないかもしれません。

この写真は、自分の記録でアプリに納めていたものを
抜き出して並べただけなので、そんなに時間はかかってないんですよ(*^_^*)
でもあまりにも成長していくから、前は毎日記録してたのですが
今はもう月数回です。現実逃避(笑)

プレビコックスですか。リマダイルあたりになるかなぁと思っていましたが、
もう少し勉強しなきゃなぁ。

♫あおきみどりさんへ♫

あおきみどりさん、いつもコメントありがとうございます☆

私の管理と言うより、bebeが歳だから進行が遅いんですね。
年齢がいってて良かったと思えた事のひとつです。

食べられるうちにたくさん食べておいてほしいです^^
おいしいもの食べさせるには・・・稼がにゃあならんのです(-_-;)
薄給なんで毎月大変どすえ。



♫鍵コメ Kさんへ♫

Kさんはじめまして(*^_^*)
拙いブログですのに、読んで下さりありがとうございます。

あ、確かにフランちゃんのところでお名前見かけたような。。。

口内に腫瘍ですか、それはご心配でしょう。。
でも既にお医者様にかかられてるなら安心ですね。
あまりにも治りが悪かったり、血が出たりするものは怪しいです。
毎日目視でもいいのでチェックですね!
年齢によっては共存した方が、結果としていい場合もありますから・・

お役に立てたなら、とても嬉しいです(*^_^*)
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します♡

♫keikoさんへ♫

keikoさん、いつもコメントありがとうございます♪

はい、こうして徐々に大きくなってます。。
最近の写真ではもうばっちり、写り込むようになってしまいました><

今の救いは、こんなになってもご飯を食べ、水分を自分で飲んでくれる事です。
そろそろ痛み止めに切り替えないといけない時期のように思います。
ステロイドに戻ったのは、食べさせるためだったけど、
痛みが増してるような感じがするんです。。
そうするとまた、食べなくなるかもしれないという不安があります。

ふぅぅ、悩みは尽きないデス(-_-;)

扁平上皮ガン

こんにちは。べべちゃんがんばってますね。
うちにも二頭黒ラブがいて15才13才です。13才のジョアンが先日左前肢が骨まで到達する炎症で指を切除した後病理検査の結果扁平上皮ガンでした。リンパへの転移がないことを祈っています。今日抜糸を終えて3本指でも元気に歩いています。本当にショックでどんなガンか調べるのも怖かったのですが恐る恐る検索したらべべちゃんの姿が最初でどれほど勇気をいただいたか。。
最悪な時が来てもべべちゃんとおかしゃんのようにまぁるい時間をすごしたいです。
べべちゃん、おかしゃん、そしてジョアンと私どうぞ優しい時間が流れますように。。

♪viviさんへ♪

viviさま、去年の8/8のコメントありがとうございました。
お返事できておらずに申し訳ありませんでした。

ジョアンちゃん、転移なく元気で過ごしてると信じております。
あの病気は調べていくと怖いことばかりで、目の前が真っ暗になりますが
そんな中でもわんこ達の目は真っ直ぐに主を見つめてくれるものですから
こちらがしっかりしないと!って思いながらのお世話でした。

わんこの神様、どうぞジョアンちゃんをお守りください。
非公開コメント

12 | 2017/03 | 01
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ももちぇりのプロフィール

ももちぇり

Author:ももちぇり
生後1週間のべべに出会い、2か月
たって我が家に迎え入れました。
あれから月日は流れ、すっかり
おばあちゃんになったべべ。
今も私の心を癒し続けてくれています。
この先いつまでもず~っとず~っと
一緒に居たいよ。

ブログは苦手で、敬遠していたけど、
べべの思い出がもっと色濃く残るよう、
ここにべべへの想いを綴ることに
しました。

べべはいくつになったの?

レトリーバーのお洋服ならココ!

uSSedbRL0HoMf3d_1351573577_mj.jpg Dc1mIVPfcNShGuA_1351078180.gif

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りブログ☆

助けたい命があります

HappyLabsさんHP Re StartさんHP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

遊びに来てくださってありがとう

こんにちは、ようこそ!

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。