スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか来る『その時』まで

2012.05.14 22:25|お友達
立て続けに訃報が届きました。


べべの15歳のお誕生日に、お祝いのコメントをくださった、リンゴの木さん ちの、
くりくりのお目目がとても可愛い、ビーグルワンのルーキーちゃん。
4月19日に16歳になったばかり、GWでも元気な姿を披露してくれていました。
その様子を見た、たった3日後に、亡くなりましたと連絡を受けました。
あまりに突然のことでした。
連絡を受けた日の前日、べべのお漏らしがひどく、世話をしてて寝たのは4時。
眠れない日が続くと、頭では理解出来ていても、精神的に滅入ってしまいます。
そんな私にルーキーちゃんはこう言いたかったんだと思います。
『シニアなんだから、大目に見てあげてね』って。


それから、そう、アミィちゃん
あの16歳7か月とは思えない愛くるしい姿にみんなが癒され、アミィかあさんの
献身的な介護を参考にし、勇気づけられていたシニアワンコオーナーは多いはず。
4月の終わりに、スイカを美味しそうに平らげていたあの可愛いお顔が忘れられない。
まだまだ長生きしてほしかった。。。


勝手な想像かもしれませんが、ルーキーちゃんもアミィちゃんも、自分の役目というものを、
とてもよく解っていたのだと思えてなりません。

私は、べべとのさようならの『その時』を覚悟はしているものの、その元気にしている姿を
目の当たりにすると、まだ大丈夫だよね、まだ一緒にいてくれるよねと
べべを抱きしめて問いかけます。
べべは何にも言わないけれど、ルーキーちゃんとアミィちゃんは教えてくれました。
『その時』はべべ自身の判断なのだと。
数年後・数か月後・数日後・明日・・・・今、かもしれない。





べべが『その時』を判断するまでの時間は、そんなにたくさん無いことはわかっている だけど、
受け入れたくない現実が、いつまでも一緒にいられるような錯覚を引き起こす。

でも、その錯覚を、アタマの中をべべが居なくなる時の準備に切り替えるのは、違うよね。
心が引き裂かれそうなことを考えるより、今一緒にいられる幸せを、噛み締めよう。
一緒に過ごす時間があることのありがたさを、感じよう。
今、その温かい体に触れられることを、喜ぼう。
一生懸命生きるべべと、一生懸命生きよう。

改めてそう強く思うことができたのは、ルーキーちゃん、アミィちゃん、
あなたたちのおかげです。
ありがとうね。
本当に、ありがとうね。


虹の橋のお友達といっぱい遊んで駆け回って、お腹いっぱい食べて眠って。
いつかあなたたちのママやパパに会えるその日まで・・・待っていてね。





 ※りんごの木さん、アミィかあさんへ※
 承諾無しにブログに書いてしまいごめんなさい。
 書こうかどうかとても迷いましたが、やはりどうしても感謝したくて。
 ルーキーちゃんにもらったいのちのバトン、べべも出来るだけ長く
 持っていられますように。
 
スポンサーサイト

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル:ペット

コメント:

ももちぇりさんの気持ち、すごく分かります。
別れの日を想像して涙する事もあります。
辛い事があって、立ち直れるかなぁ
と思った時も、幸せな時もどんな時も
ももは変わらず側にいてくれたので、
私も変わらず最後の日までももの側にいて、
大切に大切に育てようと思っています。

お互い、まだまだ元気に楽しく暮らしましょう。
また、いろいろ教えて下さい。
べべちゃんもいろいろ教えてね。

♪ももmamaさんへ♪

いつもありがとうございます。

応援していたワンコとのお別れもこんなに辛いのに・・・ね。
ももmamaさんも、ももちゃんにたくさん支えられているんですね。
こんなに大切にされて、可愛がられて、守られて、
ももちゃんは本当に幸せですねv-22

私も、誰にも言えない悩みや相談をべべにしていました。
(べべはもちろんグースカ寝てましたけど)
どんなに嫌なことがあっても、家に帰るとべべがいると
思えば、玄関を開けるのが楽しみで。

いのちは必ず終わりを迎えますが、ワンの親としてやらねばならないことは、
ワンよりも長生きして、ワンのいのちを見届けることですよね。
ももmamaさん始め、皆さまが応援してくださるから、べべも私も頑張れます。
ありがとうございます!

同感です

別れは辛いものですね
まざまざと、その現実を見せれると
他人事とは思えず、声をあげて鳴いている自分がいつもいます。


先の「その時」の事を考えて
苦しくなるのは、誰しもシニアわんこと暮らしていれば思う事だけど
今日ここに、この時居てくれる
この温もりを大切に…
1日1日送って行きましょうね。
先に虹の橋に旅立ったお友達わんこからの
沢山のメッセージを忘れずにね。
「この時」を生きましょう
愛しい老犬と共にね。

☆yuraさんへ★

おはようございます。
いつもありがとうございます。

この間、yuraさんのブログで、同じようなことを話したばかりでしたよね。
現実に、毎日覗いていたお顔なのに、元気だったのに・・・と
思うと、悲しくて寂しくて、べべも・・・という気持ちも重なり
心に、暗く重たい雲がもくもくと流れ込んでくるような感じになります。

悲しいけど、そうですよね、虹の橋組のお友達が残してくれたメッセージを
我が仔に活かさなくてはね。
1日1日を、大切に穏やかに。
それに、りんちゃんるんちゃん、他にも仲間がいて、
近況を教えあったり、情報交換したり、励ましあったり・・・
それがどれだけ支えになっていることか。
いつも感謝してます、ありがとうございますe-241

お母しゃん、私も同感です頭ではわかっています、命には限りがあると。
でも、ずっと一緒にいるものだと錯覚します。

今日もだけど、何でもないのに後ろ足がすくみ、座り込んだり滑ったり、関節が痛むのかビッコになったりしてると、時には面倒に感じてしまう散歩もあと何回一緒に行けるか、何回足を洗ってあげられるのか、撫でてあげられるか…と、尽きることはないけど、その度に、なら、今できるだけ濃い時間を(短くても)過ごそうって思ってます。

楽しい事、嬉しい事を作ってあげようって。
楽しいかどうかは私が決める事ではないけど。


…そう思ったり、落ち込んだりの繰り返しかな。


でも、ここに来ると、お母しゃんや皆さんがいるし、支えになりますm(__)m

お母しゃん、辛さでいっぱいになる日もあるけど、今まで通りべべちゃんと濃い時間を過ごしてください。…私もお母しゃんも皆さんもブログや写真などの宝物を沢山増やしていきましょうね。

◎まるしゃんへ◎

まるしゃん、いつもありがとうございます^^

ワンと暮らしたのべべが初めてだし、ワンの最期を看取ったこともないので、
ぼんやりとしか想像できない(したくない)のです。

うちの場合、一緒の空間でお互いが違う方向を向いてる時もあるけれど、
べべは構われるのが嫌いなので、それが思いやりになる時もあります、
ちょっと寂しいけれど(笑)
それでも傍に居れることが安心に繋がるんですよね。

まるしゃんが一番、サチちゃんのことわかってるでしょうから、
まるしゃんが楽しいことと思えば、サチちゃんもきっと楽しいですよe-415

ほんと、こうしてブログで皆さんのワンとの生活を覗かせていただく事が、
とっても勉強になるし、支えになります。
そしてまるしゃんの、いつも正直な気持ちと、一生懸命に考えてくれるコメントが
とても嬉しいです。
本当にありがとうe-343

ね、思い出、たーーーーーくさん作りましょうねe-420

こんばんは(^^)
『その時』は必ずやってくる。
想像するだけで心が締め付けられ、
どうにもならないことなのにやっぱり考えてしまいます…

不慮の事故や病気で、若くして虹の橋へ向かうワンの飼い主さんのことを思うと、
シニアのワンと暮らせる幸せを噛みしめなければいけませんよね。
ももちぇりさんのブログを見させていただき、そうかぁ、介護ができるって幸せなんだって知りました。
つい、歩けなくなったらどうしよう、寝たきりになったらどうやってお世話したらいいんだろう、って
おそれることが多かったんです。
でも、介護もその時もただおそれてもしょうがないんですよね。
今を生きることを大切にしなければ、何も始まらないですよね。
まるさんのコメントのように、宝物をたくさん増やしましょうね~e-266
涙鼻水を垂らしながらのまとまりないコメントですみません…


☆ゆきcafeさんへ☆

いつもありがとうございます!!!

生き物を飼うと、必ずつきまとう不安はそこですよね。
ヒトの考えはどうしても、いつまで一緒に居られるか、とか
その時までの『期限』を考えてしまいますが、動物達にとっては
いのちの灯が消える瞬間まで、死を疑っていないと思うんです。
常に今、生きることしか考えてない。

怪我や病気で不自由な体になっても、あるがままの姿を受け入れて
生きるのが動物たちだと思います。
ならば傍にいる私たちに出来ることは、その今を見つめてあげることですものね。

シャロンちゃんのキラキラした今を、一緒にめいっぱい楽しみましょうe-266
老いに従い楽しみ方は自ずと変わってきます^^

老犬介護、私も友人からその幸せを教わりました。
ゆきcafeさんにも伝わって、とても嬉しいですe-420
べべの調子が悪い日は、手もかかり時間に追われ、気持ちがギスギスしてくる
時があります。
そんな時・・・友人がくれたあの言葉は、いつも私の中で精神のバランスを
取り戻すための指針となっています。
非公開コメント

01 | 2017/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ももちぇりのプロフィール

ももちぇり

Author:ももちぇり
生後1週間のべべに出会い、2か月
たって我が家に迎え入れました。
あれから月日は流れ、すっかり
おばあちゃんになったべべ。
今も私の心を癒し続けてくれています。
この先いつまでもず~っとず~っと
一緒に居たいよ。

ブログは苦手で、敬遠していたけど、
べべの思い出がもっと色濃く残るよう、
ここにべべへの想いを綴ることに
しました。

べべはいくつになったの?

レトリーバーのお洋服ならココ!

uSSedbRL0HoMf3d_1351573577_mj.jpg Dc1mIVPfcNShGuA_1351078180.gif

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りブログ☆

助けたい命があります

HappyLabsさんHP Re StartさんHP

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

遊びに来てくださってありがとう

こんにちは、ようこそ!

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。